5,400円以上で送料無料|Amazonペイメンツ対応

business特集

取引先との商談など、大切なビジネスシーンにおいて相手側に意外とチェックされているのが鞄。
あまりにお手入れのされていない鞄をもっている人には、自然とだらしない印象を受けますよね。
ビジネスシーンでの鞄は名刺の代わりになるといっても過言ではないかもしれません。
今回はそんなビジネスシーンで持っていても恥ずかしくない、かと言って背伸びはしすぎない、
そんな「手頃な本格派のバッグ」を集めてみました。

BusinessBagを選ぶPoint.

出張期間や出張先によって適する鞄のサイズや種類を選びましょう。

出張の期間
日帰り、1-2泊、3泊以上
1週間以上
出張先
国内 or 海外

日帰りの出張なら、出張に必要な書類やノートPCなどのビジネスツールが入れば普段の通勤用バッグでも十分に対応できます。

宿泊の出張となると、通勤用かばんしか持っていない人は、「出張のためのかばん」を持っておいたほうが便利です。出張用かばんの「良し悪し」で出張先での効率や疲れ具合も変わってきます。

出張の期間でいうと、1〜2泊と3泊以上、1週間以上で鞄を使い分けるのがベスト。短い出張期間に大きい鞄は嵩張ります。逆に1週間以上の出張でブリーフケースのような小さめのかばん1つでは少し無理があります。

また、同じ出張期間でも出張先が国内か海外によっても使い勝手のいい鞄は変わってくるでしょう。

1泊〜2泊向けの出張用かばん

1泊、2泊ぐらいの出張となると普段使いの通勤用カバンでは荷物を収めるのは厳しいでしょう。1泊〜2泊ぐらいの出張であれば、 パソコンや手帳、書類などの「ビジネスツール」+「下着などの着替えや私物」などが入る余裕のある大きめの鞄を用意しましょう。

キャリーケースにひとまとめにするのもいいですが、書類がすぐに出し入れできて会議室に持って入れる出張用鞄にひとまとめにしたほうが、ホテルにキャリーケースを預けるなどの手間が省け、出張の効率がよくなるのでオススメです。

また1、2泊ぐらいだと1日あたりの歩きによる移動距離が、長期出張のときよりも長くなる傾向にあるので、出張の疲れも考えると重さや持ちやすさも無視できないカバン選びのポイントとなります。



3泊以上向けの出張用かばん

3泊以上の出張となると、下着などの着替えや私物なども多少多めに持って行く必要が出てくるため、荷物もそれなりに多くなります。手提げカバンやショルダーバッグのタイプでは収納力や重さ的に厳しくなってくるでしょう。

3泊以上の出張には、 トロリーバッグ(キャスター付きタイプのビジネスバッグ)がおススメです。トロリーバッグのメリット(良いところ)は、とにかく重い荷物を持っての移動が楽であることです。

長期出張であれば、拠点のホテルにトロリーバッグを置いておき、営業先、出張先へは普段の通勤用カバンで出向くという使い方が出来ます。

しかしトロリーバッグのデメリット(欠点)は、平面での移動は楽なのだが、階段などの段差のある場所での移動がしにくいことである。また、普通のコインロッカーにはサイズ的に入らない場合があり、キャリーケース用の大きめのロッカーを探す手間がかかる事もあります。

Point
女性の方などトロリーバッグのビジネスバッグはちょっと抵抗が・・・という人には、ボストンバッグもおススメ。マチの大きいボストンバッグはトロリーバッグと同じぐらいの荷物を入れられます。しかし、ボストンバッグのデメリットは、仕切りが少なくカバンの中身が整理しにくいことと、やはり持ち運びが疲れることでしょう。

1週間以上の出張、海外出張用のかばん選び

国内でも海外でも1週間以上の長期出張となるとスーツケース(キャリーケース)と、PCなどのビジネスツールを持ち歩けるビジネス鞄の組合せが最もオーソドックスで便利な鞄選びになるのではないでしょうか。

キャリーケースの選び方はこちら!

スーツケース選び方は、「キャリーバッグの選び方」でも紹介しています。スーツケース選びのポイントは、泊数に合せたサイズ選びです。大は小を兼ねるといった選び方もありますが、荷物の持ち運び、移動時の機敏性を考えると適したサイズを選んだほうが出張先でも快適に過ごせるでしょう。

スーツケースに組合わせるビジネスバッグは、セットアップ(キャリーオン)できるものを選びましょう。 旅程中に荷物を取り出す時や切符を買ったりする時にとても便利です。また、電車に乗る時にも2つのカバンをまとめておけるので嵩張らずとても助かります。