トラベルバッグ(キャリーバッグ,キャリーケース)をお探しなら【Dith(ディス)公式通販サイト】。旅行でもおしゃれを楽しみたい女性のためのトラベルファッションブランドDith(ディス)です。 バッグの種類やお手入れ方法もDithにお任せ下さい。

15,000円以上で全国どこでも送料無料!|Amazonペイメンツ対応

バッグの種類

近年では多種多様なバッグが用途やその時代のトレンドによって増えています。
ここではその中でもメインとなるバッグの種類をご紹介します。

  • ■ キャリーバッグ(キャリーケース)とトランクケースの違い

    キャリーバッグとトランクケースは、実は同じものではありません。

    最初にできたのはトランクケースで、旅行などの荷物をいれるために作られました。
    昔は馬車などを使用し、家来が荷物を運んでいましたので、持ち手バーやコマはありませんでした。
    通常のハンドルしか付いておらず、大型のケースのことをトランクケースといいます。

    近年、移動に便利なように持ち手バーやコマが付けられました。
    持ち運びが容易にできる旅行用のケースのことを、キャリーケースといいます。

  • ■ トートバッグ

    Tote・・・持ち運ぶという意。

    トートバッグは、元々大きな塊の氷を運ぶために作られた袋物です。
    昔は、氷を氷屋さんから大きな塊で買って使用していましたが、氷屋さんから自宅などに運ぶ手段がありませんでした。
    そのため、手軽に運べるように、持ち手が2本ついた箱型(底にマチがある形状)の袋が作られました。
    近年ではキャンバス素材以外にも、多種の素材で作られています。

    MILWAUKEE-S
    ¥7,000(+税)
  • ■ ショルダーバッグ

    Shoulder・・・肩。肩に掛けるという意。

    片方の肩に掛けることができるバッグの総称です。
    近年になってからの呼称であり、ショルダーバッグの中には多くの種類のバッグが存在し、形状によって細分化することができます。

  • ■ リュックサック

    Rucksack・・・ドイツ語で、登山やハイキングに用いる背負い袋の意。

    「バックパック」は金属製の枠がついた大型のリュックサック、「デイパ ック」は一日分の荷物が入る小型リュックサックです。
    現在では様々なデザインのリュックサックが、タウンユースとして使用されるようになっています。

  • ■ ボストンバッグ

    ボストンバッグとは、元々ボストン大学に通う学生のために作られたバッグのことです。
    ボストン大学の学生が、通学時の荷物やクラブ活動などの着替えを入れられるように作られたため、容量が大きくドラム缶型のものが始まりでした。
    近年では、横マチで天部にファスナーがついているバッグの呼称となっています。

  • ■ クラッチバッグ

    Clutch・・・つかみかかえる、つかむという意。

    クラッチバッグは、持ち手がついていない、片手で抱えることができるバッグの総称です。昔はセカンドバッグとも呼んでいました。
    大きめのバッグの中などにいれ、第二のバッグとして使用されていたことからその名前がつきました。
    近年ではトレンドにもなり、多種多様なものがでています。

    MUSCAT ※2色展開
    ¥8,000(+税)
  • ■ アタッシュケース

    アタッシェとはフランス語で、外交官としての地位を付与されている大使館員などをさす言葉です。
    書類を入れる箱型で鍵月の手提げカバンを彼らが愛用していたことからこの名前がつきました。
    箱型で硬い素材でできており、丈夫な鞄です。素材にはアルミや革製のものがあり、
    鍵付きのものがほとんどであるため、パソコンや重要書類を持ち運ぶ機会が多い人にお薦めです。
    ビジネスでは内側に仕切りやポケットが多くついて、小物もしっかりホールドできるものが使いやすいです。

  • ■ ウエストバッグ

    ウエストポーチとも呼ばれ、小型のポーチにウエストベルトを装着した鞄です。
    基本的に容量は少ないが、バランスよく体にフィットし、両手が自由に使えるというメリットがあります。
    そのため、旅行者、アウトドアフリーク、スキーヤー自転車やバイクのライダーが好んで使用しています。
    最近ではA4サイズが収納できる大型のウエストバッグも登場している。

  • ■ ガーメントバッグ

    garment・・・衣服という意。

    その名の通り衣類を持ち運ぶための鞄を指します。
    ハンガーが内部に装着されており、スーツなどをハンガーに吊るしたような状態で収納し、持ち運びができるので、
    しわの防止にも活用できます。
    ビジネスの出張時にはもちろん冠婚葬祭にも重宝します。カーケースと呼ばれることもあります。

  • ■ ショッピングバッグ

    流通業系の企業が中心となり、ビニールや紙の買い物袋の使用量削減を推進し、有料のショッピングバッグの購入を提案し、
    買い物時にそれを使用してもらうことで、環境保全への貢献を提案している。
    その形状はトートバッグのような手提げ鞄が主流となっています。

  • ■ セカンドバッグ

    文字通り「2番目のバッグ」の意味で、大きな鞄の中に入れる補助的な小型の鞄のことをいいます。
    現代では、貴重品や身辺用品を持ち運ぶ際に単独で使うようになりました。
    冠婚葬祭の際に使用されることが多い。

  • ■ ダレスバッグ

    1951年にアメリカの元国務長官、ジョン・フォスター・ダレス氏が、講和特使として来日した際に持っていたカバンがこのタイプだったことから、
    この名前がつけられたと言われています。開口部はガマ口タイプで、側面が台形のため容量が多く
    口金を上部で留める鞄で、金具をはずすと口が大きく開きます。
    口を開けたままの状態で固定できるドクターバッグと比べるとマチ幅がせまく、スマートなシェイプが特徴です。

  • ■ ドクターバッグ

    もともとは、医者が聴診器や注射器などの診療器具や薬を持ち運ぶ、厚めの往診用鞄の名称でした。
    一見、ダレスバッグと似ていますが、横に広くマチが広いため、より多量の内容物を収納できる。
    また、1泊程度の出張であれば、十分利用可能で、現在では、ノートパソコンを入れて持ち歩くビジネスマンも増加しています。

  • ■ パイロットケース

    上部を重ねて開閉するスタイルの箱型の取っ手付き鞄です。その形状は、小型のスーツケースといったイメージです。
    航空会社のパイロットが使用していた鞄を一般商品化したことからこの名前がつけられました。
    フライトケースと呼ばれることもあり、多量の資料を持ち運ぶ機会の多いセールスマンが好んで使用します。



  • 姉妹ブランド「DYW」OPEN!!